地主様より土地売買のご相談を頂きました!

大変ありがたいことに、本日地主様より土地売買のご相談を頂きました。
急ぎではないとのことですが、
ご相談の案件は、敷地延長 ( しきちえんちょう )物件ではないかと・・・・
まだ目視だけなので憶測となりますが、敷地延長物件は慎重に扱うことが大切です。

まずは「敷地延長」とはなんなのかのご説明

都市計画区域内で建築物を建てる時には、敷地が道路に2m以上接していなければならないルールがあります。
敷地が道路に接していない場合には、敷地と道路をつなぐ道路状の部分を敷地に付けて売買します。
その道路状の部分を「敷地延長」もしくは「路地状部分」といいます。

路地状敷地部分は通路の形状ですが「宅地」で所有者の土地面積に含まれます。
一見道路に見えても『道路・私道』ではないのがポイントです。
価格の割に土地面積が広い物件は、ほぼ敷地延長とみて間違いないでしょう。

一般的には避けられがちな敷地延長物件、その理由としては下記が挙げられます。

敷地延長のデメリット
・採光、通風が確保しにくいと言われています。
・家に入るために長い通路を通らなければなりません。
・売却時の査定が不利と言われています。

しかし、逆にメリットも多いのが特徴です。

敷地延長のメリット
・土地が大きいので、建ぺい率、容積率の計算上も有利になります。
・奥まっているため道路からの騒音が届きにくいです。
・子供が遊ぶスペースとして路地状部分を有効活用できます。
・比較的割安に購入することができます。
・道路に面していないため静かであり、プライバシーも保護されています。

人それぞれの考え方でメリット、デメリットとなります。

現在「建築概要書」などが手元に無いため、役所の建築課で確認する必要があります。
一概にあれ、これと憶測で話してしまうことができない物件なので、一つ一つ手順を踏んでからご報告させて頂きます。
地主様、今しばらくお待ち下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)