無事上棟も終わったので、木造軸組工法(在来工法)2階建の工事の流れを説明します!

以前もお話しした 建て方(たてかた)の建築工事の流れについてもう一度。
ここで説明するのはあくまでも木造軸組工法(在来工法)の2階建てです。

建て方とは、土台、柱、梁と施工していき、棟上げするまでの工程を指します。

——————————————————————————————————————————————

ホールダウン金物

まず、1階部分の土台の上に柱を立てていきます。
1階の土台から2階の天井部にある軒桁まで通す柱が通し柱で、
1階の土台から2階の床部にある胴差(どうさし)までの柱が管柱(くだばしら)です。
この胴差から軒桁までの柱も管柱です。ちなみに、柱の間に設けるものを間柱と言い、柱の二つ割の寸法の材料です。
土台と柱は、ホールダウン金物(写真)やアンカーボルト、L字金物で緊結します。

 

羽子板ボルト

そして、胴差(どうさし)や梁といった横架材で柱と柱を水平方向につないでいきます。
このとき、柱と梁は羽子板ボルト(写真)でしっかりと留めます。

 

上記と同時に1階では仮筋交いを設置しておきますが、
次の工程へ進む前に、柱の垂直を確認して傾きを直し、仮筋交いも調整しておきます。
次に、2階の構造用合板(剛床)を張っておいてから、2階部分の胴差から軒桁までの柱(管柱)を設置していきます。
2階の柱を立てれば、桁や梁といった横架材で柱を水平方向につないでいきます。

小屋組

2階の天井部の梁(小屋梁)から上に、小屋束・母屋、垂木(たるき)、火打ち梁、棟木、野地板と設置しておきます。
これらを小屋組と言います。棟木まであげれば、いわゆる上棟(棟上げ)です。
上記の工程の順序は現場によって異なりますので、必ず上記の通りとなるわけではありません。
2階の床を張る前に、小屋束・母屋、垂木、野地板を施工することもよくありますし、同時進行で進めることもあるのです。
家が完成するまではいっぱい工程があって全てを理解するのは大変です。

それにしても今日も暑い。現在の気温は38度!!

IMG_9201

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)