【外壁工事編】 GoPro HERO4の動画が面白い YouTube

部材を図面どおりに加工して、そして運んで、貼っての繰り返し。

外壁工事を依頼したサイデリア川戸さんに

サイディングについて教えて頂きました。

今回の14ミリのサイディングは1枚に付き21ヶ所も釘打ちをするので金具タイプより丈夫なのだそうだ。

(ちなみに16ミリ以上の金具タイプは1枚に付き7ヶ所とのこと)

しかし金具タイプより手間がかかるのが難点なんだとか。

その手間とは、貼ったあとの工程「釘のタッチアップ」。

タッチアップとは釘を何千、何万本を手作業でサイディングと同色に塗る工程のことで、

これが結構大変らしいのです。

そんな業界ならではの貴重なお話を伺い、

あらためて、S様邸に対する想いが深まりました。

それでは実際の映像をどうぞ!(1440pのハイビジョンでご覧いただけます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)