初めての方必見!不動産売買契約時に必要なものとは!【中古住宅編】

不動産売買契約を結ぶときは、

売主様、買主様でご用意いただくものが異なります。

結構面倒ですが、かならず必要ですので一覧にしておきます。

売主様(売却依頼人)
・土地、建物登記済証(提示)
・実印(共有の場合各々)
・印鑑証明書(3ヶ月以内発行のもの)
・固定資産税等納税通知書(公課証明)
・建築確認通知書、検査済証
・前面道路の登記簿謄本実測図、建築図面、建築協定書等
・付帯設備表
・物件状況等報告書
・売買契約書貼付印紙(売主による)
・権利書
・身分証明

買主様
・印鑑
・売買契約書貼付印紙代(売買金額によって異なります)
・手付金(現金か預金小切手かを事前に確認しておきます)
・仲介手数料の半金(別途消費税および地方消費税額が必要です)一括現金の場合は手数料は全額
・源泉徴収票または確定申告書の写し
・住民税決定通知書または納税証明書
・身分証明

本日も無事お取引させていただきました。

IMG_5913
売主様、買主様 有難う御座いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)