着々と進む現場を見てきました。

一般的な床造りの流れ
1.土間コンクリートの上に床束を立てる位置を出す。
2.床束を立てる箇所を平滑にする。
3.土台に、大引き受け、根太受けを取り付ける。
4.大引きを掛け渡す。
5.床束を立てる。(束を使用した場合は4,5がこの順番)
6.根太を打つ。
7.根太と根太の間に、床断熱材をはめ込む。
8.床の下地材を貼る。
9.仕上げ材(フローリング)を貼る。
10.必要なら巾木を取り付ける。

綺麗に整列した根太
IMG_5320
床断熱材
IMG_5324
断熱材をはめ込んで
IMG_5535
釘打ちだけではなく接着剤も使って根太に固定します
IMG_5536
鋼製束も同様の接着剤で固定
IMG_5537
電気工事も進み
IMG_5557

IMG_5572
本日は躯体検査
IMG_5586
一級建築士の先生も細かくチェック。
写真でも確認できますが、通常よりタイベックも多めに重ね貼りしていただきました。
IMG_5589
2階もご覧の通り
IMG_5564

丁寧で段取りの良い棟梁が造っておりますので、当然問題なし。

明日は、ユニットバスの墨だしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)